イスラエルの技術を紹介するサイトはこちらをクリックしてください。⇒イスラエルのIoTを始めとする技術を紹介するページ

ココでは、イスラエルとはどういう国か?などイスラエル全般について紹介します。

イスラエルとは?どういう国かを紹介します

イスラエルは日本から約9000キロ離れたところにある中東の国家です。2020年3月に週3便直行便が就航します。成田~テルアビブ間約11時間です。イスラエルは、中東地域で唯一の民主主義国家です。人口は約900万人、首都はエルサレムですが、一方テクノロジーの中心地はテルアビブです。人口比で技術者・科学者の数は世界No.1の都市であり、人口の75パーセントはユダヤ人です。過去約800人のノーベル賞受賞者のうち、約20%がユダヤ人です。米国の企業だと思われている中で、実際はイスラエル企業であるという場合があります。その代表例はマイクロプロセッサであまりにも有名なインテル社です。イスラエル発祥の技術が沢山あります。

新事業の原石はシリコンバレーよりもイスラエルにあります

世界の中で、米国のシリコンバレーが新事業を沢山生み出す場所だとよく言われていると思います。それは一理あるかもしれませんが、実際のところ日本企業がシリコンバレーの企業と連携して成功した例は極めて少ないというのが現実です。それは日本人、日本の会社がなかなかシリコンバレーの会社、人と深く交じり合えないという問題があるかもしれませんが、実はそれは日本側だけの問題ではありません。シリコンバレー側も自分たちの技術、ビジネスに拘り、日本企業とWin-Winで連携してやってゆこうとは本音では思っていない場合も多いと言われています。(もちろん成功例もありますが)シリコンバレーと比べると、イスラエルは現在第二のシリコンバレーという人もいますが、実はそうでなく、イスラエルこそがシリコンバレーの源流です。かつユダヤの人たちは全体的に日本企業に期待しており、親日的な人が多いです。そういったイスラエルの技術と連携して今後の日本での事業を発展させていこうではありませんか。

イスラエルは科学技術に関する水準が非常に高いです

イスラエルは、知る人ぞ知る科学技術が非常に強い国です。世界全体の産業において発展を続けているメカトロニクス・ロボティクス・IT・AI・IoTなどの技術は実は殆どがイスラエルが発祥なのです。
イスラエル国全体にエコシステムが浸透し、その環境のもとで沢山のイノベーションが生まれ、それを事業化するために多くのスタートアップが育っています。なんと年間1000社余りのベンチャー企業が世界一の投資を呼び込んでいる国がイスラエルなのです。そして、世界の名だたる大企業約320社がイスラエルに研究施設を有しています。世界における知財出願に関してはイスラエルが国としてみたら世界一であり、イスラエル発祥で米国ナスダックに上場している企業が約5000社もあります。商品向けの技術開発に加えて、源流の研究・開発においては、なんとノーベル賞受賞者のうち約22%がユダヤ人なのです。

イスラエルにAI/IOTベンチャー企業が沢山あり、様々な技術を有しています

イスラエルには数えきれないくらいのAIやIoTに関するベンチャー企業があり、様々な技術を有しています。ここではイスラエルによる世界初の先端技術例を記します。
・日本語音声対応した言語障害の方への音声変換デバイス、音声をドキュメントに変えるアプリ、聴紋を解析し適正な言語に変え音声に変えるデバイス
・マイクロソフト・Linux互換プログラムツール
・経験なしでプログラムが構築できるソフトウエア
・クリティカルな学習AIによるデータ集積可能デバイス
・数秒で分析できるヘマトロジーや数十秒で改善できる視覚障害用プログラム
・数時間で改善できる認知症改善画像
・非接点の血糖値メータや数秒で斜視矯正可能なツール
イスラエルの技術を紹介するサイトはこちらをクリックしてください。⇒イスラエルのIoTを始めとする技術を紹介するページ

ご興味ある方・質問ある方は、以下から、お問い合わせください