PHSデータ通信カード開発の思い出

2002年6月に米国から引き揚げてきて、元の松下通信工業の携帯電話やPHSのソフトウエア開発部門に”配属”になりました。初めの仕事は、1990年代に戻ったかのように、PHSの商品開発に関わることになりました。ただ1990年代と違ってPHSの電話をする子機ではなく、PHSのデータ通信カードでした。

2020年位からPHSのデータ通信カードは2機種商品化されており、私が任されたのは3機種目で、セールスポイントはPHSと無線LANのデュアルカードでした。

無線LANも2000年くらいからパソコンなどで使われつつありましたが、当時はまだ全てのパソコンに無線LANが搭載されているわけではありませんでした。でも少しずつ家の中などでも無線LANを使ってパソコンでインターネット接続をするというのが普及し始めた頃でした。

何故なら、インターネットに接続する有線回線も元々のアナログ回線や、ISDNというデータ通信回線に替わって、ADSLというものが出てきて一挙に速度が増したのです。

アナログ回線はせいぜい28Kbpsくらいの速度、ISDNは普通は64Kbpsくらいの速度でしたが、ADSLはそのとうじでも1Mbps位の伝送速度ということで一挙に日本もブロードバンド回線の普及が始まったころでした。

一方無線LANは、2002年当時は2.4GHz帯で802.11bというのが普及しつつあり、その最大伝送速度が11Mbpsだったので、ブロード回線の後に、家の中で無線LANを使うという需要が生まれてきたわけです。

一方、今でこそ家の外で無線LANが使用できるところが沢山ありますが、当時はあまりなかったので、外ではPHSのデータ通信を使おうということで、パソコン向けにPHSと無線LANのデュアルカードを開発しようということになったのです。

この開発は事業者であるN社からの依頼でした。ところが開発当初で、一つ新たな依頼が来ました。それは、N社の対抗馬であるD社がパケット通信によるPHSデータ通信を始め、それも定額制データ通信サービスを開始したので、データ通信カードでの
シェアをN社がD社に奪われているという問題を解決するサービスを始めるのを目的とする開発でした。

N社はネットワークの都合で、簡単にパケット通信が出来なかったので、専門的な言葉で恐縮ですが、回線交換方式でデータ通信は行うものの、Webアクセスやメール送受信をしていないときは無線通信は止めても良いだろうという方式を採用して、D社に対抗して定額制を行おうということになったのです。(この方式のことをドーマントと呼んでいました)

急遽この方式に対応するPHS単独のデータ通信カードも作ってほしいという依頼がN社から来て、私はそのプロジェクトのリーダ兼ソフトウエア開発リーダとなりました。無線LANとのデュアルカードと並行して開発することになりました。

このプロジェクト自体は、私も久しぶりに商品開発を行うことになったので、良いものを納期通りに納入したいという気持ちが非常に強く、N社を通じてネットワーク側を担当している別会社との打ち合わせを早く実施したり、商品開発までのスケジュール表をち密に作ったり、課題管理表もち密に作り毎日朝晩をそれをメンバーとチェックしたりというように、几帳面に開発設計プロジェクトを進行することにより、予定通り2003年の4月1日に製品を出荷することが出来ました。

90年代はコードレス電話やPHSで色々開発面で失敗したりした経験がやっとこのPHSデータ通信カードの開発で実ったという経験をしました。

Pin-Freeの開発での教訓
・前倒しで開発設計していくことは、納期を守るうえで重要
・課題管理表を常にチェック、更新していくこともとても重要
・原因がなかなか分からない問題がある場合には、いかにフェールセーフをするかという考え方も重要

関連記事

  1. PHS(パーソナルハンディホンシステムの開発(前編)

  2. 初めてのブログです:1980年代の有線の電話機の開発設計を振り返って

  3. VoIPの開発プロジェクト

  4. PHS(パーソナルハンディホンシステムの開発(後編)

  5. コードレス電話の開発経験を振り返る

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。